タラバガニ

甲幅は25cmほどで脚を広げると1mを超えるものもしばしばある大型甲殻類。全身が短い突起で覆われ、生体は背中側が暗紫色、腹側が淡黄色をしている(茹でると赤橙色になるのは外骨格に含まれるアスタキサンチンのせい)。5対の脚のうち第1対がハサミ脚で右脚が左脚よりも大きいのが特徴。

タラバガニは、もともと鱈の漁場に生息することから「鱈場蟹」と呼ばれ、それがそのまま学術上も「タラバガニ」と表記されるようになった。本来、生物学上はヤドカリの仲間になる(よく見ると顔が少し似ている)。

主に日本海、オホーツク海ベーリング海含む北太平洋とアラスカ沿岸に生息していて、日本で水揚げされるタラバガニの多くはロシア原産で稚内港で水揚げされ、道内は札幌・小樽・函館など、道外は全国各地へと運ばれる。

英名では「レッドキングクラブ」と呼ばれ食用として重宝されているが、乱獲等によって生息数は激減している。チリ、アルゼンチン沿岸に生息している「南タラバガニ」などとともに、生息地域沿岸では貴重な水産資源として重宝されている。

近縁種には「アブラガニ」「花咲ガニ」などがいる。


 

サイトマップ